春のツアー

世界遺産を巡るバンフ&レイクルイーズ1日観光

冬のカナディアンロッキーの見所を国立公園認定ガイドが少人数でゆっくりとご案内します。下車観光が充実したもりたくさんの春のカナディアンロッキー満喫コース です。観光だけではものたりない、大自然の中を少し歩いてみたいという行動派の方にもお勧めです。

このツアーで訪れる観光ポイント

キャッスルマウンテン

標高2728m、バンフとレイクルイーズ間の山脈帯の中でもひときわ目立つ山。特に冬は断崖絶壁を純白の雪で薄化粧した景観はすばらしい。 西洋にあるお城のような形をしたことからキャッスルマウンテンと呼ばれています。

この山の地層は古生代のカンブリア中期の5億6000万年から5億2000万年前の岩からできています。

レイクルイーズ

「カナディアンロッキーの宝石」と称されるくらい美しい湖。 標高3000m級の氷河をまとっと山々が湖を囲みます。湖畔にはホテルシャトーレイクルイーズがあり、中は自由に見学できる。

ツアーでは湖はもちろん、シャトーレイクルイーズの中も案内します。このお城のようなホテルの大窓から眺める湖の美しさは格別。シャトーの中にはおいしいフルーツムースなどがリーズナブデルな値段で食べることのできるカフェもあります。

ボウ滝

マリリンモンローの映画”返らざる河”のロケで使われたところ。凍結したボウ滝も迫力がある。3月からとけはじめる。

バーミリオンレイクス

地下水や温泉がしみだしているので真冬でも凍らないところがある不思議な湖。写真家のお気に入りのスポットもたくさんある。運がいいとカワウソも見られる。

フードゥーズ

トンネルマウンテンの展望台から見える不思議な土の柱。氷河によって運ばれてきた土砂が固まり、その後侵食されてできたもの。

サプライズコーナー

1888年、カナダ太平洋鉄道(CP)によって創建されたバンフスプリングスホテルが見渡せる場所。カナダの文化史跡遺産にも指定されています。

ツージャックレイク

あまり訪れる観光客も多くなく静かでのんびりできる湖。無料で利用できるテーブルもあり、天気のいいときはここでピクニックをしても気持ちがいい。ランドル山やカスケード山といった雄大な山々に囲まれ、周りの景色も見事です。 また、大型のビックホーンシープ(大角羊)のような野生動物に遭遇するチャンスもあります。

レイクミネワンカ

 

バンフ国立公園最大の湖。ミネワンカ湖とは先住民ストーニー族の言葉で “精霊の湖” という意味、湖の周辺に住んでいた先住民はこの湖には精霊が住んでいると信じていました。

サルファーマウンテン(ゴンドラ)

サルファーマウンテンバンフは標高2281m。頂上からはカナディアンロッキーの絶景を堪能することができます。頂上までは4人乗りのゴンドラを利用します。眺めがよく乗車してまもなくバンフの街が眼下に見えてきます。山頂まではわずか8分、新しくできた展望ターミナルにはお土産屋、カフェテリア、レストラン、資料舘、屋上展望代などがあります。

展望台からはバンフの街はもちろん、湖や3000mを越すカナディアンロッキーの山々など、360度のパノラマビューが楽しめます。木道が尾根沿いに作られており散策を楽しむことができます。尾根沿いの景色もまた、すばらしいです。

ツアー料金、サービスについて

ツアー ツアー+ゴンドラ観光
大人(16歳~) CAD 168.00 CAD 230.00
子供(6~15歳) CAD 137.00 CAD 168.00
5歳以下  無料 無料

*税金5%が別途かかります。

料金に含まれるもの:日本語ガイド、バンフホテル送迎、ランチ

*このツアーに昼食は含まれていませんが、昼食のお時間をシャトーレイクルイーズまたはバンフにてお取りいたします。

催行期間:3月23日から4月28日
所要時間:約8時間

持ち物:重ね着できる暖かい服装、帽子、手袋、飲み物