レイクルイーズからジャスパーまでの氷河観光道路・アイスフィールドパークウエイを走る大迫力のパノラマツアーます。ただ単にスポットで写真を撮るだけではなく、カナディアンロッキーを五感で体験していただきます。ただの車窓から見る観光ツアーではなく下車観光でめぐる自然体験型ツアーです。既存のツアーでは絶対できない体験ができます。アイスフィールドパークウエイの景勝地を思う存分満喫してください。

 観光のハイライト
 
   キャッスルマウンテン
バンフを出発して30分、最初の下車観光地は西洋のお城のような形をした岩山を望むビューポイント。。氷河の侵食によって削り取られてできた自然の彫刻だ。
その迫力とどこと無く感じる気品はキャッスルの名前にふさわしい。ここではまず車を降りてキャッスルマウンテンをバックに記念撮影!


   アニマルオーバーパス
動物専用の橋、バンフにはハイウエイでまたぐ6つの動物専用の橋があります。ハイウエイには動物が横断できないようフェンスがはられているため動物たちはこの橋を利用して森を往来します。この橋の他にも39箇所の動物用のトンネルも作られています。



   ハーバートレイク
アイスフィールドパークウエイに入ってすぐ見えてくる湖。あまりスピードを出し過ぎて運転するとカーブのところにあるためシャッターチャンスをつい見逃してしまうこともある。湧水湖であるため5月前半から解凍する。

   レイクルイーズ

カナディアンロッキーの宝石''と称されるくらい美しい湖。
標高3000m級の氷河をまとっと山々が湖を囲む。湖畔にはホテルシャトーレイクルイーズがある。
ツアーでは湖はもちろん、シャトーレイクルイーズの中も案内します。このお城のようなホテルの大窓から眺める湖の美しさは格別だ。
シャトーの中にはおいしいフルーツムースなどがリーゾナブデルな値段で食べることのできるデリーもあります。

 
 
 
 
   クローフット氷河
アイスフィールド・パークウエイに入って最初に見える氷河。断崖に張り付いているこの氷河、発見された当時はカラスの足を思わせるような3本足だったが、1番下の氷河が脱落、現在は2本足になっている。この氷河のブルー色は見事だ。

   ボウレイク

標高1900mのところにある氷河湖、バンフとキャンモアの町を流れるボウ川の水源でもある。広々とした湖の向こうには氷河をまとった険しい山々が見渡せる。

   
   ウォーターファウルレイク
標高2100mのボウ峠を一気に下り降りると眼下左手に湖が見えてくる。ピラミッドのような見事な三角形したケフレン山との対照がすばらしい。
走行中、車窓からでは判らないがここでも車を降りてみると右手には荒々しい切り立った断崖絶壁がある。ここではマウンテンゴート(山ヤギ)を探してみよう。肉眼では米粒くらいにしか見えないので双眼鏡があれば便利だ。

   ウィーピングウォール
(すすり泣く壁)

下車観光でないとこの迫力はわからないポイント。岸壁から行く筋もの細長い滝がすすり泣くように流れ落ちていく様子からこの名前が付いた。この駐車場を川辺のほうに降りて行くとまたナイジェルピークなどの山々を眺めることができる。


 
コロンビア大氷原
氷原の面積はおよそ325 km²、氷の厚さは最大約350mという北極と南極を除く、氷原では世界最大希望を誇る氷の海原です。
 

   ツアー料金
大人(12歳以上)   CAD 298+税金5% 
子供(2~11歳) CAD 150+税金5% 
幼児(0~1歳)  無料

催行期間:
10月21日~11月30日まで 
所要時間:
約7~8時間*バンフまたはキャンモア発着、レイクルイーズは発着の場合は約5~6時間   
料金に含まれるもの:日本語ガイド/キャンモア、バンフ・レイクルイーズホテル無料送迎


ご注意・ご案内
●ツアー代金には昼食はふくまれていません。
●悪天候により中止する場合もございます。天候や諸事情によりツアー催行が不可能と判断された場合は、当日までにこちらからの連絡をもって契約解除とさせて頂きます。すでにお支払い済み料金に関しましては返金させて頂きます。
●ツアースケジュールは天候、交通状況等により変更する場合があります。その場合の返金等はございません。
●上記ツアーは全て最少催行人数が2名からの乗合いツアーになります。
●お客様の荷物の損害・損失、盗難に関して、当社は責任を負いかねます。
●山の観光となりますので歩きやすい履物でお越し下さい。
●道路状況等でお迎え時間が遅れることもございますのでご了解ください。
●雨具、靴などのの貸出しはございません。各自でご用意ください。
●少人数のツアーのため車内にはトイレがございませんが、ツアー中は頻繁にトイレ休憩をがございます。
●ツアーコースは通常の歩行、階段の上り下りができれば参加可能なコースです。

お問い合わせ、ご予約     
  
ツアーを参加した方の感想 このツアーに関してのお問合せ、ご予約 TOP ページに戻る

2011年参加者からの投稿記事